中延の歯科・歯医者なら、中延駅徒歩2分・荏原中延駅5分の平内歯科クリニック。

診療時間
09:30~13:00 - -
14:30~19:00 - -

☆…14:40~18:00
△…14:30~17:00
[休診日]
木曜・日曜・祝祭日・学会日

0120-54-9864

[お電話受付時間] 9:00~18:00 (休診日:木・日・祝日)

東京都品川区中延3-13-9飯田ビル1F [MAP]

お知らせスタッフブログ

お知らせスタッフブログTOP06

歯周病は歯を失う原因としてもっとも多い疾患です。歯周病はほとんどの方が罹患している疾患です。昔にくらべると歯の歯石を取った方が良いと考える方は増えました。しかし、虫歯は気にしていても歯周病予防が大切であると認識している方はまだまだ少ないと言えます。歯周病はプラークと歯石の蓄積によって歯を支えている骨を溶かし、最後にはぐらぐらと歯がぐらついてくる疾患で、本人の自覚症状がほとんどなく進行する特徴があります。そして、本人には歯周病にかかっているのかどうか、どの程度歯周病が進行しているのかは分かりません。歯周病は歯肉の内部で起きているので、歯の検診でないと進行度合いは分からないのです。歯周病はプラークと歯石に含まれる歯周病菌によって起こりますが、歯周病の進行を早める原因としては、糖尿病があります。糖尿病にかかっていると歯周病が進行しやすい傾向にあります。また、糖尿病と歯周病は相互に関係しており、歯周病の治療を行うと血糖値が下がる傾向にあります。糖尿病の方は、糖尿病の治療だけではなく歯周病にも注意が必要です。また、歯ぎしりや昼間のくいしばりも歯周病を悪化させる原因となることがあります。そして、歯周病は食事の時によく噛まないと進行しやすいです。食べ物をよく噛まないと胃に悪いと考える方は多いと思いますが、よく噛んで食べないと唾液による自浄作用や食片の流れによる自浄作用が得られず、歯周病になりやすいのです。このように、よく噛んで食べることは、お口の中の健康にも必要なことだと覚えておいてください。

歯を悪くする原因としは、虫歯と歯周病があげられます。虫歯と歯周病は歯科の二大疾患と言われるくらいです。歯を失う原因、すなわち歯を抜歯しなければならない原因として多いのは、虫歯よりも歯周病が圧倒的に多いです。昔は虫歯がとても多かったですが、時代は変わって今では虫歯がない小児や大人が増えました。虫歯は、ごく初期の段階ではフッ素塗布とブラッシングの強化で虫歯を予防し、軽い虫歯ではコンポジットレジンによる修復、歯と歯の間にまで進行した中程度の虫歯の場合にはインレーで修復します。さらに虫歯が神経まで到達するような重度のケースでは、神経の治療を行い被せ物を装着します。このように虫歯の進行度合いによって虫歯の治療を行います。そして、虫歯は早い段階で治せばすぐに治療が完了し、歯のケアをしていけば予後は良いです。ですので、虫歯で抜歯に至るケースは虫歯が歯の根っこの内部にまで到達して治療が難しい場合に多いと言えます。一方で、歯周病は虫歯のない健康な歯でも抜歯になることがあります。歯周病は歯周病菌によって歯を支えている骨が溶けて、歯をぐらぐらとさせます。歯周病は治療をしても元の健康な状態にはもどりません。ぐらぐらして噛めなくなってしまったら抜歯するほかありません。歯周病がなぜ虫歯よりも抜歯に至る原因として多いのかというと、歯周病は慢性疾患でほとんと自覚症状がなく進行して、歯周病がかなり進行してから症状が頻発することが多いからです。今までに歯の痛みを感じたことがなく歯科医院にかかったことがないという方が、ある日突然歯に痛みを感じて歯科医院を受診したところ、歯周病が全体の歯に進行していてすべての歯が抜歯になったということが起こり得るのです。ですので、歯周病は悪くならないように予防が必要です。本人には歯周病にかかっているかどうかは分からないことがほとんどですので、定期的に歯の検診と歯のクリーニングを行って、歯周病で歯を失うことがないように予防をしていくということが必要です。

出っ歯を治したいと希望される患者さんがいらっしゃいます。それと同時に歯の色ももっと白くしたいという場合がほとんどです。そこで、出っ歯を治すとともに歯の色を白くする場合には、治療方法としては二つ。一つが部分矯正を行ってホワイトニングを行う方法。もう一つがジルコニアによる治療ということになります。矯正をするのは抵抗がある場合に、矯正によらないで歯並びを改善できる方法としてジルコニアによる治療を希望されることが多いです。まず、歯の神経がある場合について。歯の神経を残した状態でジルコニアを被せる場合には大きく出っ歯を内側に入れることは難しく、少しであればジルコニアで内側に入れることが出来ます。神経がない歯であれば、神経がある歯にくらべて出っ歯を大きく内側に入れて治すことができます。ただし、内側に入れる角度が大きくなりすぎると、ファイバーコアを入れることが出来なくなったり、歯質を削る量が多くなってしまいます。歯質は多い方が歯の強度が得られるため出来たら歯質が多く残せた方が歯には良いと言えます。ですので、出っ歯をジルコニアクラウンにてある程度は改善可能ですが、内側に入れられる許容範囲はあります。それ以上になると、やはり部分矯正で歯の位置を改善してからジルコニアクラウンで治す治療が必要になってくるといえます。

  • 平内歯科クリニックGallery
  • 平内歯科クリニックGallery
  • 平内歯科クリニックGallery
  • 平内歯科クリニックGallery
  • 平内歯科クリニックGallery
  • 平内歯科クリニックGallery
  • 平内歯科クリニックGallery
  • 平内歯科クリニックGallery

中延駅徒歩2分・荏原中延駅5分の平内歯科クリニック

〒142-0053 東京都品川区中延3-13-9飯田ビル1F

診療時間
09:30~13:00 - -
14:30~19:00 - -

☆…14:40~18:00 / △…14:30~17:00
[休診日] 木曜・日曜・祝祭日・学会日

ご予約・お問い合わせはこちら
0120-54-9864

[お電話受付時間] 9:00~18:00 (休診日:木・日・祝日)

お問い合わせ

pagetop